初夏のおすすめエディブルフラワー

初夏はハーブの季節といってもいいほど、ハーブの最盛期を迎えています。

ミント、ローズマリー、オレガノ、セージ‥様々なハーブがお庭やベランダで元気に生長していることと思います。

春のエディブルフラワーの代表格だった、ビオラの開花時期が終わりました。

さて、初夏にどんなエディブルフラワーが旬を迎えているかご存知ですか?

マリーゴールド

キク科マンジュギク属のマリーゴルドは、菊の花に似た味わいがあります。

熱に強く、色落ちしないことからお料理に幅広く使えることができるエディブルフラワーです。

画像提供:脇坂園芸

スナップドラゴン

和名:金魚草といい、オオバコ科キンギョソウ属のお花です。

食べるとサクサクとした食感で、瑞々しい味わいです。花いろも多数あり、ほのかな香りも魅力の一つです。

画像提供:脇坂園芸

ダリア

ダリアは、キク科テンジクボタン属のお花です。1輪の花の華やかさが印象的な花です。

別名 天竺牡丹と呼ばれていますが、原産はメキシコ。伝わってきたのはオランダと、天竺(インド)とは全く関係のない名前の由来がユニークです。

画像提供:脇坂園芸

皆さんも初夏の季節、季節を感じる旬なお花、マリーゴールド・スナップドラゴン・ダリアなどを使って、素敵な『エディブルフラワーライフ』をお過ごしください♪


特集記事
最新記事